2019年8月23日(金)

長野県、大塚製薬と包括連携協定

2019/7/19 19:42
保存
共有
印刷
その他

長野県は19日、障害者スポーツ振興などで大塚製薬と包括連携協定を結んだ。新たに設置する飲料の自動販売機の売り上げの一部を障害者スポーツ振興費として県に寄付するほか、熱中症対策の啓発などでも協力する。

自販機はまず長野冬季五輪のスケート施設「エムウェーブ」(長野市)に1台設置する。飲料が1本購入されるごとに定額を県に寄付する。寄付額は調整中だが、1本あたり6円前後にする方向だ。自販機は順次数を増やしていく。

県の障害者スポーツ体験会では、大塚製薬が「ポカリスエット」などを提供する。このほか、熱中症対策の啓発ポスターの共同製作や、県庁職員に対する健康管理セミナーなども開催する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。