介護のM&A7割増 1~6月、異業種参入相次ぐ
IT化で質を高める

2019/8/27 13:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

介護を軸にしたM&A(合併・買収)が増えている。介護サービス業者に加え関連機材やシステムを扱う企業への買収や資本参加は、2019年1~6月に国内で63件と前年同期より7割増となった。人手不足が進むなかでM&Aによって事業を広げる動きにくわえ、ハイテク企業の技術を取り込んで質の高いサービスを目指す企業が目立っている。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)によると、1~6月は前年同期より26件増えた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]