京都アニメ放火対応 府は現場に職員、市は対策チーム

2019/7/19 19:14
保存
共有
印刷
その他

京都アニメーション(京都府宇治市)の京都市伏見区のスタジオでの火災を受け、行政も対応を急ぐ。京都府は現場に被害状況の把握のための職員1人を派遣。京都市は再発防止に向けた緊急対策チームを発足した。

西脇隆俊知事は19日の記者会見で「京都アニメーションにはコンテンツ産業を支えてもらっており、今は負傷者の方の回復に全力で取り組む」と述べた。

京都市は19日午前に対策チームを発足。消火・避難訓練の徹底や、スタジオ内にあったようならせん階段を備える施設に対する防火指導、ガソリン販売時の安全対策の徹底などについて検証を始めた。門川大作市長は「消防法も建築基準法もきちんと守った施設でどういう対策をとれるか、検討したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]