/

沖縄の観光収入、初の7000億円台 外国人の消費は振るわず

沖縄県が19日発表した2018年度の観光収入は17年度比5%増の7334億7700万円と初めて7000億円台を突破し、6年連続で過去最高を更新した。国内客がけん引役となり、観光客1人当たりの消費額も7万3355円と1%増えた。

ただ、外国客の消費が振るわなかったことから、18年度の観光収入は目標値(7991億円)を下回った。平均滞在日数も3.59日と0.09日減った。県は19年度の観光収入の目標を8000億円に設定した。

観光客1人当たりの消費額は国内客が6%増の7万6734円、空路の外国客が10%減の9万119円、海路の外国客が5%減の2万8343円だった。

外国客の消費が低調だった理由について、県は18年3~5月にはしかが流行したことや、中国が18年に日用品などの輸入関税を引き下げ、インバウンド(訪日外国人)の買い物需要に影響したことを挙げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン