/

この記事は会員限定です

おままごと玩具のバトンをつなぐ 柳川純平さん

My Way

[有料会員限定]

子供の貧困が社会問題となるなか、おままごと用の玩具を作る「木のおままごとキッチン専門店 うらら」(香川県丸亀市)の代表、柳川純平(39)は古くなった玩具を修復し、無償提供する取り組みを始めた。おままごとは幼児期の発達を促す効果的な遊びとして知られる。こだわりの手作り品は高額なだけに、使われなくなった玩具を修復して1人でも多くの子供に遊んでもらう。

高松市内の玩具専門店に見本品として置かれていたおま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン