「亥年選挙」、投票率上昇へ働きかけ 首都圏選管

2019/7/19 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選は21日の投開票まで残りわずかとなった。首都圏では各候補者が街頭演説を繰り返し、支持拡大を求めて追い込みを図った。4月の統一地方選と参院選が重なる12年に一度の「亥年(いどし)」選挙は、投票率が低めに出る傾向がある。各選挙管理委員会はSNS(交流サイト)やイベントなどを通じて、ギリギリまで投票を訴える。

埼玉県選管は学生ボランティアグループの「埼玉県選挙カレッジ」と連携し、若年層をターゲッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]