2019年8月25日(日)

香港地下鉄が損失引当金330億円 手抜き工事で工費増

アジアBiz
2019/7/19 18:18
保存
共有
印刷
その他

【香港=木原雄士】香港の地下鉄を運営する香港鉄路(MTR)は18日、2019年1~6月期に24億3千万香港ドル(約330億円)の損失引当金を計上すると発表した。地下鉄新線の手抜き工事による工費拡大が大半を占める。同社が新線建設に絡む不祥事で利益の下振れを開示するのは初めて。新線の一部が20年1~3月期に開業する見通しも明らかにした。

MTRは手抜き工事が原因で利益が下振れる(2017年の工事風景)=AP

損失引当金は18年1~6月期の中核事業に絡む純利益の52%に相当する。発表を受けて19日の香港株式市場でMTR株は一時3%超下落した。

建設中の新線は新界・沙田地区と香港中心部を結ぶ「沙中線」。昨年、鉄筋が規定通りに使われていない施工不備や報告書の誤りなどが相次ぎ発覚し、梁国権・最高経営責任者(CEO)が辞任に追い込まれた。

追加の補強工事などで20億香港ドルほど工費がかさむという。新線は一部区間が20年に開業し、全線開業は21年以降となる見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。