/

名古屋駅で投票呼びかけ、愛知県選管

参院選の投開票が21日に迫り、愛知県選挙管理委員会は19日、名古屋駅前などで投票を呼びかけた。水色のオリジナルTシャツに身を包んだ約10人の職員らが、通行人に啓発グッズを手渡しながら投票日や期日前投票について周知した。

愛知県選管は名古屋駅で投票を呼びかける冷感シートなどを配布した(19日、名古屋市中村区)

これまでの選挙でも配っていたポケットティッシュやうちわに加え、今回は夏にちなんだ冷感シートも2万個を準備した。職員らが差し出すと、いったん通り過ぎた人が戻って受け取る姿もあった。

同選管選挙啓発担当の今井繁樹さんは「特に若年層の投票率が低いため、重点的に啓発を進めている。投開票日に行けない人は期日前投票を利用して、意志を伝えてほしい」と呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン