首絞めるファン付き作業服、ハーネスとのまずい併用

2019/8/7 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夏場の猛暑が日常となった日本。建設現場では暑さ対策として電動ファン付き作業服の導入が進む。だが、この便利な作業服と法令改正で着用が原則義務化されたフルハーネス型墜落制止用器具の併用には思わぬ危険が潜んでいる。それぞれの構造の相性によって、作業員が高所から落下した際に命綱となるランヤードや身に着けたハーネスがファン付き作業服をずり上げてしまう。その結果、ファン付き作業服が作業員の首を絞める可能性が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]