2019年8月23日(金)

不祥事発覚の豪大手銀、英RBSから新CEO

アジアBiz
2019/7/19 15:51
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアの金融大手、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)は19日、新たな最高経営責任者(CEO)に英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のロス・マキューアンCEOを指名したと発表した。NABは実際には提供していないサービスの手数料を徴収していたことなどが発覚し、2月に当時のCEOが辞任を発表していた。

ナショナルオーストラリア銀行CEOに指名されたマキューアン氏

マキューアン氏は豪コモンウェルス銀行を経て12年にRBSに入行し、13年からCEOを務めている。金融危機で2008年に政府救済を受けたRBSの経営を立て直した手腕が評価された。NABの次期会長、フィリップ・クロニカン氏は「NABが業務や企業文化の見直しを進める中、マキューアン氏は理想的なリーダーだ」と述べた。

マキューアン氏はすでにRBSのCEOを辞任すると表明している。豪金融当局の承認を経て、20年4月までに着任する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。