日米のスマホ活用型証券、株売買の手数料無料に
競争激化 対面式の証券会社に打撃も

2019/7/19 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人が株式を売買する際に支払う手数料を無料にする動きが日米の証券会社で広がっている。主役はスマートフォンのアプリで顧客にサービスを提供する新興証券会社だ。米国ではロビンフッドとファーストレード証券、日本ではスマートプラス(東京・千代田)が手数料をゼロとする。日本のネット証券が米国株式の最低売買手数料をゼロにする動きも広がる。個人の株式投資を身近にする一方、対面証券の経営に一段の打撃を与えかねない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]