離陸派? 着陸派? ロバート キャンベル

エッセー
2019/7/24 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

例年通り、そろそろ内視鏡検査を受けようと思っている。看護師に鎮静剤を打たれて10秒すると身体(からだ)がふわりと浮き、清潔に光る点滴袋や計測器類がみんなとけ合い、視界がずっと遠くの方まで開けていく。自由にどこまでも行けそうな感覚が好きで、毎年その繰り返しである。

猫が細目を開けて宙を見つめる時と同じように、起きているか寝ているか判然(はっきり)しない。意識が戻ると逆に、管もモニターもシューンと近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]