プラスとベネフィット・ワン、保育士ら向け福利厚生サービス

2019/7/19 12:20
保存
共有
印刷
その他

文具・事務用品大手のプラスと福利厚生代行のベネフィット・ワンは共同で、保育施設の従業員向けの福利厚生サービスを始めた。保育士らの採用難に直面する保育施設や運営会社の利用を見込む。プラスのカタログ通販を利用している幼稚園や保育園、こども園が対象。ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービスを入会金なしで通常より安価に使える。

プラスとベネフィット・ワンが始めた福利厚生サービスの申し込みページ

ベネフィット・ワンの福利厚生サービスは、宿泊施設や映画、フィットネス施設など約140万件のサービスを優待価格で提供する。月額料金は1人あたり税別280円。通常サービスより100円安い料金に設定した。

福利厚生サービスはプラスの社内カンパニーのジョインテックスが運営している文具や保育用品などのカタログ通販「スマートスクール」を利用している保育園などやその運営会社に提供する。

10月から始まる幼児教育・保育の無償化により、保育士の採用難はより厳しくなるとみられている。福利厚生の充実で幼稚園や保育園を支援し、顧客を拡大する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]