労働長官にスカリア氏指名 トランプ米大統領

2019/7/19 11:34
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】トランプ米大統領は18日、辞任表明したアコスタ労働長官の後任に、弁護士のジーン・スカリア氏を指名する意向をツイッターで表明した。同氏は、2016年に死亡した保守派の連邦最高裁判事アントニン・スカリア氏の息子。

アコスタ氏は辞任を表明した=ロイター

トランプ氏は「ジーンは法律、労働分野で大きな成功を収め、労働者と共に大きな仕事をした弁護士として尊敬されている」と強調した。

米メディアによると、アコスタ氏は連邦検事だった08年、少女らへの性的虐待事件でトランプ氏と親交のあった富豪を、司法取引により禁錮1年1月の軽い刑に終わらせた。この富豪が今月、再び性的虐待などの罪で起訴されたことで、当時の責任論が改めて浮上。アコスタ氏は「混乱を避ける」として辞任した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]