/

カブトムシの出荷ラッシュ 佐賀の福祉施設

佐賀県太良町の福祉施設「昆虫の里」で、障害のある作業員が育てたカブトムシが出荷ラッシュを迎えている。今月から8月上旬にかけて計約6千匹を送り出し、県内外の夏祭りや宿泊施設で販売される。価格は大きさによって異なり、雄が250~430円、雌は150~200円。

佐賀県太良町の福祉施設「昆虫の里」で出荷ラッシュを迎えたカブトムシ(8日)=共同

同施設を運営する社会福祉法人「佐賀西部コロニー」が、1984年からカブトムシを繁殖させている。広さ286平方メートルの屋内飼育施設で育てており、雄は最大で8センチ程度、雌は5センチ前後に成長する。今年は大きく育ったカブトムシが多いという。

職業指導員の佐藤二朗さん(63)は「(カブトムシを買った)子供が自然を感じるきっかけになり、障害者は工賃を得ることで生きがいにつながる」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン