2019年8月26日(月)

日経平均4日ぶり反発、終値420円高の2万1466円

2019/7/19 9:09 (2019/7/19 15:36更新)
保存
共有
印刷
その他

400円超上げ、2万1400円台で終えた日経平均株価(19日、東京都中央区)

400円超上げ、2万1400円台で終えた日経平均株価(19日、東京都中央区)

19日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発した。前日比420円75銭(2.00%)高の2万1466円99銭で終えた。日経平均は前日に422円安と令和最大の下げを記録し、自律反発狙いの買いが先行した。前日の米株高を背景に中国・上海株式相場などのアジア株が堅調に推移し、投資家心理は強気に傾いた。海外ヘッジファンドなど短期筋が株価指数先物に買いを入れ現物株相場を押し上げ、前日の下げをほぼ帳消しにした。

前日の米株高を受けて100円ほど上昇して始まった日経平均はじりじりと上げ幅を広げ、後場に一時428円高まで上げる場面があった。上昇のけん引役となったのは東エレクアドテスト信越化太陽誘電といった半導体関連株の大幅高だ。半導体受託生産の世界最大手、TSMC(台湾積体電路製造)が前日に業績の先行きに前向きな見方を示し、半導体の事業環境への過度な悲観論が後退した。ソフトバンクGなどの値がさ株に買いが入ったことも相場全体の上昇につながった。

市場では「海外ヘッジファンドなど短期筋の買いが日本株相場の上昇を主導した一方で、中長期志向の機関投資家の買いはあまり目立たなかった」(マッコーリーキャピタル証券の増沢丈彦ヘッドオブセールストレーディング日本人顧客担当)との声が聞かれた。

JPX日経インデックス400は5営業日ぶりに反発。終値は前日比261.18ポイント(1.91%)高の1万3919.57だった。東証株価指数(TOPIX)も5営業日ぶりに反発し、29.69ポイント(1.94%)高の1563.96で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9289億円。売買高は11億985万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は2007と、全体の9割超を占めた。値下がりは102、変わらずは41銘柄だった。

住友鉱ファナック、SMCが高い。デンソーパナソニック富士フイルムの上昇が目立った。キリンHDや第一三共が上げ、ユニチャームアステラスが買われた。一方、日本郵政は連日で上場来安値を更新した。ファストリ東芝の下げが目立った。ディーエヌエ日立造東建物が売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。