/

マイクロソフト、純利益49%増 売上高も過去最高

【シアトル=佐藤浩実】米マイクロソフトが18日発表した2019年4~6月期の純利益は、前年同期比49%増の131億8700万ドル(約1兆4100億円)だった。売上高は12%増の337億1700万ドルで、いずれも過去最高を更新した。クラウドサービスの販売拡大が続いており、ゲーム専用機の販売減を補った。継続的に収益を得るビジネスモデルが確立しつつある。

マイクロソフトは4~6月期、純利益・売上高ともに過去最高を更新した=ロイター

クラウドを介して計算処理の能力を提供する「アジュール」事業の売り上げ成長率は64%だった。89%増だった前年同期や73%増だった19年1~3月期と比べると伸び率は鈍ったが、依然として高成長が続いている。「ワード」や「エクセル」など業務ソフトをサービスとして提供する「オフィス365(企業向け)」の売上高も前年同期比で31%増えた。

ビジネス向けのSNS(交流サイト)「リンクトイン」の事業収入は25%拡大した。ゲーム専用機「Xbox」の販売が落ち込んで10%の減収となったゲーム事業を除き、主要な事業で増収を確保した。

19年6月期通期の売上高は14%増の1258億4300万ドル、純利益は約2.4倍の392億4000万ドルで、ともに過去最高。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「あらゆる産業のリーダー企業との深い協業によって、過去最高を達成した」と述べた。

マイクロソフトは17日に米通信大手AT&Tとクラウド事業での提携を発表した。同事業では、米アマゾン・ドット・コムと競合する米ウォルマートなど小売業で顧客基盤を拡大している。長期契約が増えて将来の収入を見通しやすくなっており、20年6月期は10%を上回る増収が続く見込み。

クラウドの需要増に対応するため「設備投資の拡大も続ける」(エイミー・フッド最高財務責任者)。好調な決算を受け、18日の米市場の時間外取引でマイクロソフトの株価は2%強上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン