/

この記事は会員限定です

サンマ漁獲制限、上限「緩め」で決裂回避

(更新) [有料会員限定]

サンマの国際的な資源管理の枠組みを巡る交渉は、3年連続の決裂を回避した。日本や中国など8カ国・地域が参加する「北太平洋漁業委員会」の年次会合は18日の深夜までかけた議論で、2020年から漁獲量に上限を設けることを決めた。反対を続けていた中国から譲歩を引き出したが、合意できた上限は「緩め」の面もある。資源管理には課題も残した。

「中国に同調する意見はどんどん少なくなった」。18日深夜、会合後に開いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン