/

米ブラックストーンの4~6月、58%減益

【ニューヨーク=伴百江】米投資ファンド大手ブラックストーン・グループが18日発表した2019年4~6月期決算は、純利益が3億580万ドル(約330億円)と前年同期比58%減少した。1株利益は0.45ドル(前年同期は1.09ドル)。運用するプライベート・エクイティ・ファンドなどの投資リターンの伸びが株式相場全般に比較して小幅にとどまり、運用成功報酬が前年に比べて減った。

ファンドの投資家に返還する収益は7億900万ドルと前年同期比1%増加した。6月末時点の運用資産総額は5455億ドルと前年比24%増えた。スティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は「過去12カ月間に過去最高の1510億ドルの投資家資金が新規に流入、運用資産を大きく引き上げた」と説明した。

ファンドの投資先は「貿易関連の企業が少なく、中国や欧州との貿易摩擦からの投資リターンへの影響は小さい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン