プレーバック

フォローする

金と世界記録、ドーピングで幻に 1988年ソウル五輪

2019/7/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

1988年ソウル五輪の陸上男子100メートル決勝。スーパースターのカール・ルイス(米国)を大きく引き離し、最初にゴールに飛び込んできたのはベン・ジョンソン(カナダ)だった。

ソウル五輪の陸上男子100メートル決勝で走るジョンソン(右)=ロイター

ソウル五輪の陸上男子100メートル決勝で走るジョンソン(右)=ロイター

大きく盛り上がった上半身から右手を天に突き上げ、タイムは当時の世界新記録の9秒79。新時代の到来をアピールしたはずが、その後のドーピング検査で筋肉増強剤の使用が発覚して状況は一変する。国際オリンピック委員会(IOC)は金メダルと世界記録の剥奪を決定。衝撃は大きく、厳格なドーピング検査につながるきっかけにもなった。

ジョンソンは資格停止処分が明けた後に復帰したものの、再び禁止薬物を使用したとして国際陸上競技連盟が永久追放を決定。その後も薬物に手を染めるアスリートは後を絶たず、国際陸連は国ぐるみのドーピングをしたとして2015年からロシアの資格を停止。日本選手の間でも、海外製のサプリメント摂取などで違反を指摘される事例が出ており、より高い倫理観が求められている。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
最後の五輪と心に決めてM・ジョンソン(右から2人目)はシドニー大会に臨んだ=ロイターロイター

 2000年シドニー五輪、開幕前に33歳の誕生日を迎えていた陸上界の「MJ」ことマイケル・ジョンソン(米国)。人類初の400メートル42秒台突入を期待されたレース本番の夜、南半球の春先にあたる9月はや …続き (10/17)

男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]