/

この記事は会員限定です

デジタル課税、国際協調に試練 英仏抜け駆けも

[有料会員限定]

【シャンティイ(パリ北部)=八十島綾平】主要7カ国(G7)財務相・中銀総裁会議は、機能不全の国際課税ルールをデジタル経済に対応したものに見直すことで一致した。2020年の合意を目指すとしたが、これを待ち切れない英仏が、IT(情報技術)企業への抜け駆け的な課税を正当化するなど国際協調のもろさも浮き彫りになった。実効性の高い課税ルールが実現するかはまだ予断を許さない。

「人々が望んでいるのは議論ではな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン