AIで水位予測、コスト7割安く 新日本コンサル

2019/7/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

建設設計を手掛ける新日本コンサルタント(富山市)は18日、AI(人工知能)を活用した低コストの水位予測技術を開発したと発表した。過去の降雨と水位の関係を機械に学習させることで少ないデータでも予測できるため、従来の解析ソフトを使った手法よりコストは7割安い。年内の実用化を目指しており、自治体向けに販売する。

新しい水位予測技術は下水道管に設置した水位計と降雨観測データを照らし合わせて30分先の水位を予測する。これまでは現地測量や降雨予測のデータも必要で、専用の浸水解析ソフトを使って予測していた。同社の担当者は「高価な解析ソフトを使わなくても同等以上の予測精度を実現した」としている。

自治体ではゲリラ豪雨などにより処理能力を超えた雨水が下水道からあふれ出す「内水氾濫」への対策が課題となっている。低コストで下水道管の水位を予測して排水施設の管理に役立てるニーズは大きいとして、早期に国内で100カ所以上の採用を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]