英ポンド2年ぶり安値圏 「合意なし」に備え
党内に反ジョンソンの動き

2019/7/18 19:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】英国の次期首相を決める保守党党首選で、強硬離脱派のジョンソン前外相が優位な情勢を受け、市場や政界で「合意なき離脱」への備えとみえる動きが相次いでいる。英経済の混乱を懸念して英ポンドは17日に2年3カ月ぶりの安値に沈んだ。保守党内では早くも反ジョンソン派が「合意なし」を阻止しようと、内閣不信任案への賛成をちらつかせている。このままジョンソン政権が誕生しても順風満帆とはいかなそ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]