アイム、点滴 センサーにお任せ、看護師の作業軽減

2019/7/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器製造のアイム(福岡市)は患者への点滴注射で、薬の投与量を自動で管理する新しい医療機器を開発した。袋(バッグ)に入った薬液の投与速度をセンサーで計測し、必要な投与量に達したら自動で終了する。従来は看護師が投与の完了を判断していた。医療商社のヤマシタヘルスケアホールディングスと協力し、初年度500台を医療機関にレンタルする。

装置は薬液を入れた袋の下に設置する。点滴時間などを入力すると、袋か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]