2019年8月22日(木)

佐賀県「ゾンビランドサガ」とコラボ、アニメファン照準
県庁で映像投映 スタンプラリーなど

2019/7/18 19:40
保存
共有
印刷
その他

佐賀県は19日、県庁最上階の展望ホールで行っている夜景プロジェクションマッピングの第4弾をスタートする。今回は昨年放送された佐賀県が舞台の人気テレビアニメ「ゾンビランドサガ」とコラボ。作中に登場するアイドルのライブパフォーマンス映像の投映などを行う。県内の観光施設などを巡るスタンプラリーも開催中で、26日にはラッピング列車が登場。ゾンビランドサガを前面に押し出し、アニメファン取り込みを狙う。

夜景にプロジェクションマッピングを投映する((C)ゾンビランドサガ製作委員会)

夜景にプロジェクションマッピングを投映する((C)ゾンビランドサガ製作委員会)

夜景プロジェクションマッピングは佐賀市内に夜の観光スポットが少ないことから、新たなにぎわい創出を目的に2016年に始まった。映像集団「NAKED」(ネイキッド、東京・渋谷、村松亮太郎代表)の演出で窓や壁、廊下に映像を投映。水族館をイメージした映像などを無料で楽しむことができ、累計で15万人以上が来場した。

佐賀県庁最上階の展望ホールで映像を映し出す((C)ゾンビランドサガ製作委員会)

佐賀県庁最上階の展望ホールで映像を映し出す((C)ゾンビランドサガ製作委員会)

19日からは初めて有料エリアを設け、作中のアイドルグループ「フランシュシュ」が夜景をバックにライブパフォーマンスする映像などを投映する。窓にタッチすると、ゾンビからアイドルの姿に変化する仕掛けやフォトスポットを設置した。チケット購入者にはポストカードが配られ、グッズ販売も予定。9月までは午後8~10時の開催で、小学生以上は500円、未就学児は無料。来年1月末まで行う。

また、県内を周遊してもらおうと作品とコラボしたスタンプラリーも開催中。スタンプは15種類あり、198カ所に設置した。観光施設・店舗と宿泊施設をそれぞれ利用してスタンプを集め、応募すると、抽選で佐賀牛などが当たる。26日にはJR唐津駅でラッピング列車の出発式が行われる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。