トランポノミクス 3つの誤算 スティーブン・ローチ氏
米エール大シニアフェロー

2019/7/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場の活況と約半世紀で最低水準の失業率に幻惑され、米国の経済政策が賢明かどうか、あえて問おうとする人はほとんどいない。安易な称賛が節度ある客観的な分析を妨げてきた。時機をとらえているといえない財政刺激策や攻撃的な関税の設定、米連邦準備理事会(FRB)への圧力といった有害な行動の積み重ねを見る限り、「トランポノミクス(トランプ大統領の経済政策)」をより厳しく評価しなければならない。

トランプ氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]