2019年8月21日(水)

中古ブランド品のSOU、ブランド品販売店と協業

2019/7/18 17:24
保存
共有
印刷
その他

ブランド品の買い取り専門店「なんぼや」を運営するSOUは18日、ブランド品販売のハピネス・アンド・ディと業務提携したと発表した。8月からハピネスの店舗で、ブランド品の買い取りサービスを始める。中古品の買い取り競争が激化するなか、提携を通じて顧客との接点を増やして買い取り量の増加につなげる。

SOUは「なんぼや」など国内でグループ約70店を展開する(北海道札幌市の店舗)

今回の提携ではまずハピネスが店舗に持ち込まれた中古ブランド品を撮影する。SOUの担当者は別の場所で写真をみたうえで買い取り額を査定する。

ハピネスは来店客から商品を買い取った後、一定の手数料を上乗せしてSOUに転売する仕組み。SOUは仕入れたブランド品を、自社で主催するオークションなどで販売する。

ハピネスは現在、80店舗を運営する。8月からはハピネスの主要な数店舗で試験的に買い取りを始め、その後は他の店舗でも取り扱いを始める方針。

ハピネスは3月に中古ブランド品大手のコメ兵とも協業し、同社の宅配買い取りサービスを店頭で案内している。ハピネスは中古品事業者と提携することで、来店客を促す狙いがある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。