独立系金融アドバイザーは玉石混交 変革の動きも

2019/7/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁の老後資金に関する「消された報告書」。「老後2000万円」だけが注目されたが、重要な柱のひとつは金融機関に属さない顧客本位の独立系金融アドバイザーの育成だった。今も独立系アドバイザーはいるが、実態は必ずしも顧客の味方とはいえない。

【関連記事】年金はいくらもらえるの? データで読み解く老後生活

独立系金融アドバイザーには、お金やライフプラン全般の相談に乗るファイナンシャルプランナー(FP)、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]