ホンダ、新型軽を全面改良、夜間事故避けやすく

2019/7/18 17:04
保存
共有
印刷
その他

ホンダは18日、軽自動車「N-WGN(エヌワゴン)」を全面改良して8月9日に発売すると発表した。全モデルに標準装備する自動ブレーキなどの安全運転支援システム「ホンダ センシング」の機能を充実する。夜間に交通事故が多いことを踏まえ、街灯がない暗い道でもヘッドランプとシステムが連動して横断する歩行者を発見して衝突を防ぎやすくした。

社会問題になっているアクセルとブレーキの踏み間違い防止機能も付く。希望小売価格は127万4400円から。月間販売目標は7000台。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]