/

この記事は会員限定です

東ソーの4~6月、営業益1割減 ウレタン原料苦戦

[有料会員限定]

東ソーの2019年4~6月期の連結営業利益は、前年同期比1割減の210億円程度になったようだ。米中貿易摩擦に伴う中国需要の落ち込みで、合成皮革や塗料などに使うウレタン原料の価格が下がり採算が悪化した。前年同期に競合他社の設備トラブルなどで需給が締まっていたことも減益幅を大きくした。

同社はウレタン原料の一つである「MDI」の国内最大手。ウレタンは自動車の内装材や塗料など幅広い用途に使う。ウレタン原料の価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン