8/21 4:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,677.22 +114.06
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,660 +80

[PR]

経営トーク

フォローする

Link-Uの松原社長「あらゆるコンテンツの配信をサポート」

2019/7/18 16:39
保存
共有
印刷
その他

ネットワークサーバーの運営を手掛けるLink-Uが18日、東証マザーズ市場に上場した。初値は公募・売り出し価格(2820円)の約2倍の5760円で、終値も5760円だった。記者会見した松原裕樹社長は「動画や音楽のストリーミング配信など今後さらに伸びる市場の需要を取り込んでいきたい」と話した。主なやりとりは以下の通り。

――初値が公開価格を上回りました。

記者会見するLink-Uの松原裕樹社長

記者会見するLink-Uの松原裕樹社長

「期待していただいていることを実感した。身の引き締まる思いだ」

――事業内容と強みは。

「オンライン上でコンテンツを配信する企業を対象に、サーバーの開発や運用を請け負っている。ビジネスモデルの立案など、案件によってはサービスの企画段階から関与する。コンテンツメーカーはワンストップでサービスを開始できる」

「サービスの売り上げにまでコミットする契約体系だ。顧客が販売するマンガアプリなど最終的なコンテンツの売り上げに応じて当社が受け取る報酬も変わる。顧客は課金利用者が増えずに通信量がかさんでしまうリスクを背負う必要がなくなる」

―――成長戦略を教えて下さい。

「当社の既存の通信回線サーバーはマンガアプリだけでなく音楽や動画のストリーミングサービスにも対応することができる。現在も動画配信アプリのサーバー運営はしているが、次世代通信規格『5G』など通信量の拡大に伴って動画などコンテンツの配信量は格段に増えることが予想される。新規に動画配信事業を始めるような企業の需要を取り込みたい」

―――上場によって得た資金の使途は。

「事業規模の拡大に伴う人件費やオフィスの移転費に充てたい。サービスの売り上げ増のため広告宣伝費を増やすことも検討している」

―――株主還元の方針は

「直近では考えていない。成長が軌道に乗って安定した利益が出るようになったら検討したい」

(久保田皓貴)

経営トークをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム