2019年8月25日(日)

[FT]ブッシュ元大統領、アフリカに残した政治的遺産

FT
2019/7/19 4:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アフリカで最も人気が高い存命中の米国大統領は、2008年に選出されたとき、父親が生まれた東アフリカのケニアが国民の祝日を宣言したバラク・オバマ氏ではない。アフリカ系米国人社会から力強い支持を受け、演説などでアフリカ大陸を賛美したビル・クリントン氏でもない。かなりの差を付けてアフリカで最も尊敬されている米国大統領は、ジョージ・W・ブッシュ氏だ。

ブッシュ氏が永続的な人気を誇る主な理由は、「PEPF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。