/

この記事は会員限定です

才能ってなんだ? メルカリ創業者、原点は凡人思想

メルカリ 野望と苦悩(1)

(更新) [有料会員限定]

インターネットが誰の手にも届くようになると、多くの若者たちがアイデアや技術力を武器に起業家となり、既存の産業界に挑んでいった。数々の新興企業が生まれ、日本経済に新風を吹き込んだが、世界で戦える存在は皆無。そんな日本のスタートアップの景色を変えうるのがフリマアプリのメルカリだ。起業から6年、不正出品の社会問題化、新規事業の相次ぐ撤退など、急成長に伴うきしみも見えてきた。ネット興亡記・第5部ではその野望と苦悩を描く。

強烈なコンプレックス

「才能っていったいなんなのでしょうか」。尾上友男(現コクリコ代表)はその時、後にメルカリを創業する山田進太郎が見せた深刻な表情を今も鮮明に覚えている。

時は1990年代末。尾上が母校の早稲田大学で創設した情報発信サークル「早稲田リンクス」の飲み会に顔を出した時のことだ。3代目の代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第5部

インターネットが誰の手にも届くようになると、多くの若者たちがアイデアや技術力を武器に起業家となり、既存の産業界に挑んでいった。数々の新興企業が生まれ停滞する日本経済に新風を吹き込んだが、世界で戦える存在は皆無。そんな日本のスタートアップの景色を変えうる新星が現れた。フリマアプリのメルカリだ。ネット興亡記・第5部ではその野望と苦悩を描く。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン