2019年8月25日(日)

PwC、デジタル工場を体験できるプログラム提供

BP速報
2019/7/18 16:12
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

コンサルティング大手のPwCコンサルティング(東京・千代田)は17日、あらゆるモノがネットにつながるIoT技術を導入したデジタル工場を体験できる「Factory Digital Transformation(ファクトリー・デジタル・トランスフォーメーション、FDX)」の提供を始めた。生産ラインを模した「デモ機」を同社内の「エクスペリエンスセンター」に設置する。

デジタル工場の生産ラインを模したデモ機

デジタル工場の生産ラインを模したデモ機

体験は1日間のプログラムだ。顧客は同社の顧客事例について説明を受けた後、デジタル工場の実機デモを無料で体験できるという。

デモ機は縦横1×2メートルのいわば「ミニチュア工場」だ。製品に見立てた「ワーク」をベルトコンベヤーに載せてある。ワークは無線自動識別(RFID)タグと発光ダイオード(LED)ランプを積んでおり、デモ機の上を周回し続ける。コンベア上には、RFIDの読み取り機やランプの点灯を認識するカメラ、プレス機に見立てたアクチュエーター(駆動装置)などを配置してある。通過するワークから情報を取得したり、ワークに対する加工動作を模擬的に実演したりできる。

取得した情報はPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラー)や小型マイコンボードのArduino(アルデュイーノ)、Raspberry Pi(ラズベリーパイ、通称「ラズパイ」)を経由してクラウドに送り、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを用いて可視化する。一部の情報はアラートとして処理を施し、再びデモ機側に戻すことも可能だ。適切な「製造担当者」かどうかを見分ける顔認証技術も体験できる。これらの体験を通じて、顧客は自社の生産現場に必要なデジタル技術について、検討のきっかけをつかめるという。

同社の矢澤嘉治氏はFDXのコンセプトについて、「特定の工程や業種にこだわることなく、あくまでもデジタル工場の概念を伝えるものだ」と説明する。1日間の無料体験の後、同社は希望する顧客に有償でコンサルティングを提供する。「2019年は10億円の売上げを目指す」(矢澤氏)。

(日経 xTECH/日経ものづくり 斉藤壮司)

[日経 xTECH 2019年7月17日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。