記者コラム

フォローする

イングランド 前回大会の雪辱なるか 強豪国のここに注目 RED ROSE

ラグビーW杯
2019/9/9 23:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地元大会で1次リーグ敗退の屈辱

イングランドにとって、日本は雪辱を懸けた舞台になる。前回大会は「ラグビーの母国」の名が泣く屈辱を味わった。1次リーグで同組のオーストラリア、ウェールズの後じんを拝し、まさかの早期敗退。決勝トーナメントに進めなかった開催国は、史上初だった。

復活を期すイングランドは、前例を覆す決断をした。それが初の外国人監督、エディー・ジョーンズ氏の起用である。

2015年ワールド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

記者コラム 一覧

フォローする
日本―スコットランド戦の観戦のため横浜国際総合競技場を訪れたファン(13日、横浜市)

スポーツ現場の「通訳力」 [有料会員限定]


 少しは英語に心得があるつもりでいたが、その自信が揺らいでいる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手、コーチたちが話す英語があまりにも多彩で、聞き取れないことが多いのだ。
 予感はあった。昨年、ニュー …続き (10/12)

記念写真に納まる日本とサモアのファン

外部への扉 開く祭典 [有料会員限定]


 40歳以上の人がやるシニアラグビーというものがある。年代ごとにパンツの色を区別し、安全のため「上の世代へのタックルは禁止」など独自のルールが設けてある。そこで主審を務める人が言っていた。「80代の人 …続き (10/8)

ラグビーを始めた中学1年当時の姫野選手=松浦要司さん提供

 ラグビー日本代表が5日、ワールドカップ(W杯)3連勝をかけ、豊田スタジアム(愛知県豊田市)でサモアに挑む。世界の強豪を脅かす突破力で中核を担うのが、ナンバー8で先発出場する姫野和樹選手(25)だ。中 …続き (10/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]