記者コラム

フォローする

イングランド 前回大会の雪辱なるか 強豪国のここに注目 RED ROSE

2019/9/9 23:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地元大会で1次リーグ敗退の屈辱

イングランドにとって、日本は雪辱を懸けた舞台になる。前回大会は「ラグビーの母国」の名が泣く屈辱を味わった。1次リーグで同組のオーストラリア、ウェールズの後じんを拝し、まさかの早期敗退。決勝トーナメントに進めなかった開催国は、史上初だった。

復活を期すイングランドは、前例を覆す決断をした。それが初の外国人監督、エディー・ジョーンズ氏の起用である。

2015年ワールド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

記者コラム 一覧

フォローする

 イングランドとの決勝を制した南アフリカは、自分たちの強みを徹底的に押し出した。スピードのあるバックスの選手にあまりボールを回さず、FWとキックで勝負する。スクラムで何度も反則を奪ったことは一つの象徴 …続き (2019/11/3)

南アフリカ戦の終了後、記念写真に納まる日本代表


 ラグビー日本代表が、W杯の試合後に必ず行っていた儀式がある。リーチ・マイケル主将が相手のロッカールームを訪問。主将や奮闘した選手に模造刀を贈り、互いの健闘をたたえ合う。
 布製のペナントの贈呈はよくあ …続き (2019/10/26)

 初の8強入りを果たしたラグビー日本代表はコーチ陣、選手の準備が実った。1次リーグ最終戦のスコットランド戦ではボールを保持する戦術がはまった。
 ジョセフ・ヘッドコーチは就任当初、キックを多用する戦術が …続き (2019/10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]