/

この記事は会員限定です

「スロートレード」再び 1~6月の輸出5期ぶり減

[有料会員限定]

財務省が18日発表した2019年1~6月の貿易統計は輸出・輸入ともに5期ぶりに減少した。米中の貿易摩擦の影響が大きい。世界全体で見ても貿易量は縮小傾向にあり、19年はモノの貿易量の伸びが経済成長率を下回る「スロートレード」に再び突入する可能性がある。

19年上期は輸出が前年同期比4.7%、輸入は同1.1%それぞれ減った。特に中国向け輸出は8....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン