2019年8月23日(金)

19年のアジア新興国5.7%成長 ADBが予想据え置き

2019/7/18 11:56
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)は18日、2019年のアジア新興国(アジア大洋州の45カ国・地域)の国内総生産(GDP)の前年比伸び率の見通しを4月発表の5.7%で据え置くと発表した。「米国と中国の貿易摩擦は続くが、内需が底堅く推移する」としている。

ADBはアジア新興国の成長率予想を据え置く一方、インドについては引き下げた(5日、ムンバイ)=ロイター

国・地域別では、インドのGDP伸び率の見通しを7.0%に0.2ポイント引き下げた。個人消費や設備投資が鈍化し、19年1~3月期のGDP伸び率が前年同期比5.8%と、5年ぶりの低水準に落ち込んだことを反映させた。米国がインドの関税優遇措置を停止した影響は限定的だとしている。

東南アジアの見通しも4.8%に0.1ポイント下方修正した。タイやシンガポールなどの輸出国が世界貿易の減速のあおりで伸び悩むほか、フィリピンが予算案の成立がずれ込んだ影響で従来予想を下回る。中国は政策が景気を下支えすると見込み、6.3%で据え置いた。

20年のアジア新興国の成長率は4月発表と同じ5.6%と予想した。ADBは毎年4月ごろに「アジア経済見通し」を発表し、四半期ごとに修正している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。