京都のアニメ会社で放火 33人死亡、41歳男を確保

2019/7/18 11:40 (2019/7/19 0:35更新)
保存
共有
印刷
その他

18日午前、京都アニメーション(京都府宇治市)の京都市伏見区のスタジオで火災が発生した。京都府警によると、33人が死亡した。駆け付けた警察官が付近にいた男(41)の身柄を確保。「火を付けた」と話しているという。府警は近く、現住建造物等放火や殺人などの容疑で現場検証を行う。

府警によると、男はガソリンのような液体をまいたとみられる。同社の従業員や元従業員ではないもようで、自身も負傷し病院に搬送された。所持していた免許証には関東の住所が記載されていた。

現場にいた京都アニメーションの従業員は「男が『死ね』と叫びながら火を付けた」と話しているという。建物の外に男のものとみられるかばんが落ちており、中から包丁数本が見つかった。付近の路上に20リットル入りのガソリン携行缶2個があり、府警は男が所持していた可能性もあるとみて調べる。

府警などによると、火災当時、スタジオのあるビルには同社の社員や関係者ら74人がいた。3階建てビルの1~2階で13人、2~3階の階段で1人、3階から屋上への階段で19人が死亡した。

負傷者は火を付けたとみられる男を含め36人で、このうち重傷が10人、中等傷6人、軽傷20人。意識不明の人もいるという。このほか6人は無事を確認。建物内に取り残された人はいないという。

現場は京阪宇治線の六地蔵駅から北に約100メートルの住宅街。

京都アニメーションは1981年創業。略称は「京アニ」で、主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作を行っている。テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん!」などがヒットした。ファンがゆかりの場所を訪ねる「聖地巡礼」も話題になった。ライトノベルの出版事業や制作スタッフの養成事業も行っている。

「京都アニメーション」のスタジオで火災が発生し、騒然とする現場付近(18日午後、京都市伏見区)

「京都アニメーション」のスタジオで火災が発生し、騒然とする現場付近(18日午後、京都市伏見区)

【関連記事】
「信じられない」 京都アニメ火災にファン悲しみの声
「けいおん!」などヒット多く 聖地巡礼ブームけん引
過去に脅迫メール 被害のアニメ会社に
「京アニ」制作の作品、松竹など予告編上映中止
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]