「ドナー休暇」導入企業が増加 骨髄バンクがPR強化

2019/7/18 10:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

骨髄提供のための特別休暇制度「ドナー休暇」を導入する企業が増えている。競泳の池江璃花子選手が白血病を公表した2月以降、ドナーの登録者数は伸びているが、仕事を休めずに提供を断念する人が少なくなかった。環境整備のため、骨髄バンクは4月から企業へのPRを強化。自治体も支援に乗り出した。

「会社が後押しするので大手を振ってドナーになってほしい」。レジなどの機器製造を手掛ける寺岡精工(東京・大田)は4月、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]