2019年8月26日(月)

韓国3年ぶり利下げ 日本の輸出規制も影響

日韓対立
2019/7/18 10:45
保存
共有
印刷
その他

利下げに踏み切った韓国銀行(ソウル)=ロイター

利下げに踏み切った韓国銀行(ソウル)=ロイター

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国銀行(中央銀行)は18日、金融通貨委員会を開き、政策金利を0.25%引き下げ、年1.5%とすることを決めた。即日実施した。利下げは2016年6月以来、3年1カ月ぶり。半導体市況の悪化で輸出や設備投資が低迷していることに加え、日本による輸出規制強化で経済の不確実性が強まると判断した。

【関連記事】韓国、電撃の利下げ 景気減速に危機感あらわ

韓国銀は17年11月、18年11月と、基準金利を0.25%ずつ引き上げてきた。半導体メモリーが空前の好況で、国内経済の緩やかな回復基調が続いてきたからだ。

ただ、18年秋ごろから半導体市況が変調を来し、景気は下り坂になった。6月の輸出は7カ月連続のマイナスとなり、韓国政府は19年の成長率見通しを2.4~2.5%と、従来予想から0.2ポイント引き下げていた。

景気の減速を受け、市場では利下げ観測が浮上していたが、米国の利下げを待って決断するとの見方が強かった。半導体市況低迷の長期化や米中貿易戦争といった悪材料に、日本の輸出規制強化も加わったことで、経済情勢の悪化傾向は長期化すると判断し、電撃利下げに踏み切った。

【関連記事】
巨人サムスン失速、半導体不振 日本の輸出規制火種
対韓規制 中国に飛び火も 半導体、減産の可能性
日韓、輸出規制で非難の応酬 水掛け論の様相
対韓規制 中国に飛び火も 半導体、減産の可能性
韓国、半導体材料の代替検討 高品質の日本勢にリスク
韓国、輸出規制で総合対策検討 米に再び協力要請
「ロシアが供給提案」と韓国報道 規制強化のフッ化水素
半導体供給網に見直し懸念 日本の存在感低下も
半導体材料の対韓規制、対象拡大を警戒 日韓企業
日韓企業とも身構え 輸出規制を発動
半導体の国際供給に影響も、対韓輸出規制発動

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。