2019年8月26日(月)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

松山「風次第」 日本勢の先陣切り7度目の全英

2019/7/18 10:30
保存
共有
印刷
その他

男子ゴルフのメジャー今季最終戦、全英オープンが18日(日本時間同日午後)、英領北アイルランドのロイヤルポートラッシュGCで開幕。7年連続7度目の出場となる日本のエース、松山英樹は総勢8人が挑む日本勢の先陣を切って午前10時20分(同午後6時20分)ティーオフする。

7年連続7度目の全英に挑む松山=ロイター

7年連続7度目の全英に挑む松山=ロイター

練習後、何を聞かれても「全英は風次第」と答えてきた松山にとって開幕前日の17日は格好の練習日和となった。朝から横殴りの雨が吹き付ける中、大学の後輩にあたるアマチュア、金谷拓実(東北福祉大)との練習ラウンドで松山が語ったのは2016年の全英(ロイヤルトルーン)だったという。

4度目の全英で初めて予選落ちを喫した。それも2日目の午後、松山がプレーした時間帯で風雨が強まる不運。1バーディー、8ボギーの78をたたいた。終わってみれば優勝スコアは記録的な20アンダーに達した大会。一日のうちに四季があるといわれる全英で天候条件の有利不利はつきものとはいえ、あまりに残酷すぎる結果といえた。

16年の松山といえばその後の全米プロで4位、10月以降も日本オープンなど日米4勝(ツアー外含む)の固め打ち。米ツアー参戦後、右肩上がりに力をつけて勢いに乗ったシーズンだった。

68年ぶりの全英開催となる北アイルランドには2年前の欧州ツアー、アイルランドオープンで訪れている。それもポートラッシュの西8キロほどの近隣コースで14位。土地との相性は悪くなさそうだ。その大会を制したのがJ・ラーム(スペイン)で、この人も今年の全英の優勝候補の一人。松山、ラームともに勝てばメジャー初制覇。全英の風は一体誰に味方するだろう。(ポートラッシュ〈英国〉=串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

最終日、8番でバーディーを奪い、ガッツポーズする浅井=共同

 18番で50センチのパーパットは強すぎてカップにけられ、2メートルオーバーした。返しを外せばプレーオフにもつれ込む。浅井は「感覚的にはホールアウトできないかも」。

浅井、完全優勝で初V CAT女子ゴ …続き (25日 20:03)

今季2勝目を挙げ、トロフィーを手にする石川=共同

 2位と3打差で出た石川の1番ホール。グリーン手前エッジのラフからの寄せがピンにカチャンと当たってカップに消えるバーディーとなり、追う堀川、C・キムがともにボギーとしたところで趨勢は定まった。

 「昨日 …続き (25日 19:20)

 日経カップ 企業対抗ゴルフ選手権2019は25日、茨城県筑波CC(7012ヤード、パー72)で団体戦の予選Eグループが行われ、野村証券がトップで5年連続6度目の決勝大会進出を決めた。
 予選E組には3 …続き (25日 17:20)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。