2019年8月21日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,594.17 -83.05
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,580 -80

[PR]

業績ニュース

ネットフリックス、増収も有料会員伸び鈍く 4~6月

2019/7/18 7:59
保存
共有
印刷
その他

【シアトル=佐藤浩実】動画配信最大手の米ネットフリックスが17日発表した2019年4~6月期の売上高は、前年同期比26%増の49億2311万ドル(約5310億円)だった。増収は確保したが、世界の有料会員数は1億5156万人と3月末比で270万人の増加にとどまり、会社予想の「500万人の増加」を下回った。1月に値上げした米国は12万6千人の減少に転じており、成長を維持できるかどうか不透明感も出てきた。

リード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は投資家への書簡で、有料会員数が予想に達しなかったことについて、「環境は変わっておらず競争が要因だとは考えていない」と説明した。伸びが鈍化した要因は「コンテンツ」としており、人気SFホラー作品の「ストレンジャー・シングス3」などが始まった7~9月期は世界で700万人の増加を見込んでおり、うち米国も80万人の増加を予想している。

しかし、動画配信の競争は今後激しくなる。今秋にはアップルとウォルト・ディズニーが独自の動画配信サービスを始め、AT&T系のワーナーメディアやコムキャスト傘下のNBCユニバーサルも20年に参入する。自社サービスの開始に伴い、ネットフリックスから「ザ・オフィス」や「フレンズ」といった人気ドラマを引き揚げる動きも出ている。

ネットフリックスはこうした番組に支払っていた費用を、独自コンテンツの制作に振り向ける方針だ。しかし、株式市場では人気作品がなくなることが成長の足かせになるとの懸念は強かった。4~6月の会員数の伸びの鈍化が重なり、17日の時間外取引で同社の株価は12%強急落した。

19年4~6月期の純利益は、コンテンツ制作の投資が先行し、前年同期比30%減の2億7065万ドルとなった。特別項目を除くフリーキャッシュフロー(純現金収支)は5億9379万ドルの赤字だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。