2019年8月18日(日)

ゴーン元会長、日産と三菱自に18億円支払い求める

日産の選択
2019/7/18 5:17
保存
共有
印刷
その他

【シャンティイ(パリ北部)=白石透冴】日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が、不当に雇用契約から解かれたとして日産と三菱自動車に1500万ユーロ(約18億円)の支払いを求める訴えをオランダで起こしたことが分かった。仏紙フィガロが報じた。

ゴーン元会長はオランダでの雇用契約解除を不当と訴えている=ロイター

オランダには日産と三菱自が出資して2017年に設立した企業「NMBV」があり、ゴーン元会長は同社と雇用契約を結んでいた。NMBVは不正疑惑発覚後に契約を解除したが、ゴーン元会長側は解除が正当でないと主張しているという。

一方、日産と三菱自は1月に、この雇用契約がNMBVの取締役会決議など正当な手続きを経ずに結ばれたものだったなどと発表している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。