/

ゴーン元会長、日産と三菱自に18億円支払い求める

ゴーン元会長はオランダでの雇用契約解除を不当と訴えている=ロイター

【シャンティイ(パリ北部)=白石透冴】日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が、不当に雇用契約から解かれたとして日産と三菱自動車に1500万ユーロ(約18億円)の支払いを求める訴えをオランダで起こしたことが分かった。仏紙フィガロが報じた。

オランダには日産と三菱自が出資して2017年に設立した企業「NMBV」があり、ゴーン元会長は同社と雇用契約を結んでいた。NMBVは不正疑惑発覚後に契約を解除したが、ゴーン元会長側は解除が正当でないと主張しているという。

一方、日産と三菱自は1月に、この雇用契約がNMBVの取締役会決議など正当な手続きを経ずに結ばれたものだったなどと発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン