2019年8月18日(日)

イラン外相「米制裁はイラン国民への経済テロ」と批判

イラン緊迫
2019/7/18 4:43
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】イランのザリフ外相は17日、国連の経済社会理事会の閣僚級会合で演説し、米国の対イラン制裁について「イラン国民に対し経済的テロリズムをしかけている」と厳しく批判した。同氏は「制裁は不法で、国連安全保障理事会の決議に反しており、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも最大の脅威だ」と訴え、制裁の解除を求めた。

国連で演説するイランのザリフ外相(17日、ニューヨーク)=AP

ザリフ氏は米国が離脱した核合意に関連して、演説前に記者団に「欧州各国は何も支払おうとしていない」と述べ、合意当事国の英国、フランス、ドイツなどにイランに対する経済支援の意思がないことに不満を示した。この結果として、米国が事態の主導権を握ることができていると懸念を表明した。

同氏は米国が制裁を解除すれば、次のステップについて話し合えるとも話した。

国連のグテレス事務総長はザリフ外相と18日に会談する予定で、対立が激化している米国との対話を促すとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。