2019年8月18日(日)

プロ野球

日本ハム有原、10勝リーグ一番乗り タカに3連勝

2019/7/17 23:31
保存
共有
印刷
その他

リスク覚悟の積極采配で前日までの2試合を制した日本ハムの栗山監督が試合前に言い切った。「きょうは有原に任せる。あいつを信じていくしかない」。厚い信頼に26歳は「いつも以上に絶対負けない気持ちでいった」と燃えた。

17日のプロ野球 結果と戦評

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

気合は入っていても投球スタイルはいつものクールな有原だ。西川の一発で先制点をもらった初回。「(制球に)苦しんだ部分があった」と先頭に安打を打たれたが、丁寧に低めをついて内野ゴロ3つで切り抜けた。150キロ超の速球と多彩な変化球を散らし、デスパイネ、内川が外れたソフトバンク打線を手玉に取る。二、三、四回は三者凡退。

唯一のピンチは3点の追加点をもらった直後の五回。安打と四球で無死一、二塁とされながら「1点でも入ると相手に流れがいく」とギアを上げ、下位打線の3人をねじ伏せた。

8回2安打無失点、リーグ一番乗りで3度目の2桁勝利に到達した。元来、三振が取れて四球が少なく、ゴロも打たせられる好投手。欠点らしい欠点が見当たらない完成度に今季は一段と磨きがかかっている。大一番で期待に応える勝負強さも含め、エースらしくなってきた。

6月末の直接対決で3連敗した借りを返す3連勝。4ゲーム差まで詰めた栗山監督は「まだ広いけれどチャンスが出てきたのは間違いない」。ソフトバンクが抜け出したかにみえたペナントレースがにわかに面白くなってきた。(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
 1死一、三塁。 …続き (19:21)

4回巨人1死一、三塁、増田大が左越えに先制の2点三塁打を放つ(18日、東京ドーム)=共同

【日本ハム4―4楽天】楽天が3点差を追い付き、延長十二回、5時間15分の末に引き分けた。1―4の四回に和田の適時打で1点を返し、七回に浅村の26号2ランで同点とした。日本ハムは七回に追い付かれたが、十 …続き (19:56更新)

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

 一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出 …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。