プロ野球

日本ハム有原、10勝リーグ一番乗り タカに3連勝

2019/7/17 23:31
保存
共有
印刷
その他

リスク覚悟の積極采配で前日までの2試合を制した日本ハムの栗山監督が試合前に言い切った。「きょうは有原に任せる。あいつを信じていくしかない」。厚い信頼に26歳は「いつも以上に絶対負けない気持ちでいった」と燃えた。

17日のプロ野球 結果と戦評

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

気合は入っていても投球スタイルはいつものクールな有原だ。西川の一発で先制点をもらった初回。「(制球に)苦しんだ部分があった」と先頭に安打を打たれたが、丁寧に低めをついて内野ゴロ3つで切り抜けた。150キロ超の速球と多彩な変化球を散らし、デスパイネ、内川が外れたソフトバンク打線を手玉に取る。二、三、四回は三者凡退。

唯一のピンチは3点の追加点をもらった直後の五回。安打と四球で無死一、二塁とされながら「1点でも入ると相手に流れがいく」とギアを上げ、下位打線の3人をねじ伏せた。

8回2安打無失点、リーグ一番乗りで3度目の2桁勝利に到達した。元来、三振が取れて四球が少なく、ゴロも打たせられる好投手。欠点らしい欠点が見当たらない完成度に今季は一段と磨きがかかっている。大一番で期待に応える勝負強さも含め、エースらしくなってきた。

6月末の直接対決で3連敗した借りを返す3連勝。4ゲーム差まで詰めた栗山監督は「まだ広いけれどチャンスが出てきたのは間違いない」。ソフトバンクが抜け出したかにみえたペナントレースがにわかに面白くなってきた。(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

十一回、代打石川が中越えにサヨナラ2ラン=共同

 勝負どころで繰り出した巨人・原監督の一手がずばりと当たった。同点の延長十一回、安打で出た先頭の重信が大胆に二盗を決めると、次の回も見越して打席に立たせていた投手・田口に2ボールから代打・石川をコール …続き (24日 23:15)

7回1失点で13勝目を挙げた日本ハム・有原=共同

 二回、日本ハムの先発有原は先頭モヤに先制ソロを浴びた。打たれたのはこの時点で最速の143キロ。一回から直球にさほどスピードがなかったのは「体重移動がうまくできず、球に力が伝わらなかった」から。
【24 …続き (24日 22:30)

11回、代打石川(手前)のサヨナラ2ランを喜ぶ巨人ナイン(24日、東京ドーム)=共同

 セ・リーグは24日、首位巨人が自力優勝の可能性を残していたDeNAに延長十一回、8―6でサヨナラ勝ちし、5年ぶりの優勝へのマジックナンバーを「20」で両リーグを通じて今季初めて点灯させた。

 巨人は残 …続き (24日 22:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]