/

この記事は会員限定です

石炭火力、CO2利用を実証へ 日米が商用化へ連携

環境負荷の軽減アピール

[有料会員限定]

日米両国は石炭火力発電所から出る二酸化炭素(CO2)の再利用で連携し、建材の原料に再生する技術の共同開発に乗り出す。石炭は液化天然ガス(LNG)よりも温暖化につながるCO2の排出が多く、機関投資家に石炭火力への投資を控える動きが広がっている。欧州などが「脱・石炭」の動きを強めるなかで、再利用技術の商用化を急いで環境負荷の軽減をアピールする狙いだ。

日米の関係機関として日本の石炭エネルギーセンター(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン