豪鉄鉱石生産、20年ぶり前年割れ 中国経済低迷で
リオ、BHPなど大手3社

アジアBiz
2019/7/18 6:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】中国経済の低迷やサイクロンの影響などでオーストラリアの鉄鉱石生産が今年、20年ぶりに前年実績を割り込む見通しとなった。国内2位のBHPビリトンは17日、19年6月期の年間生産量が2%減になったと発表した。最大手リオ・ティントも年間出荷量が最大5%減になる見通しを示した。豪州産の鉄鉱石の8割は中国向け。中国経済の減速が鮮明になるなか、豪経済の成長をけん引した鉄鉱石産業は岐路を迎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]