2019年8月22日(木)

留学生、就職先の4割強は東京 関西との差大きく

2019/7/19 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西企業が留学生の採用に向けて動き始めた。ロート製薬が2020年までに研究職に占める外国人の割合を2割に増やすほか、不二製油グループ本社は新卒採用の1割を外国人に充てる。インバウンド(訪日外国人)でにぎわう関西だが、留学生の日本での就職先の4割強は東京企業で、関西は17%にとどまる。人材面でも海外の活力を取り込む工夫が欠かせない。(渡辺夏奈)

このまま関西に残って研究開発の仕事を続けませんか――…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。