2019年8月18日(日)

群馬と世界、ボールでつなぐ 大城エジバルド氏
人物ファイル

2019/7/17 19:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

群馬県大泉町では町民の約1割を占める4千人以上のブラジル人が暮らす。その1人で元プロフットサル選手の大城エジバルドさん(54)は20年前にフットサルセンターを開設し、本場の技術を伝えている。施設では子供たちが国籍を問わずボールを通じて心を通わせている。

「ブラジルフットサルセンター(BFC)」は大泉町役場の南方にあり屋内のコートでは日本やブラジル、ペルーなど様々な国の子供たちが熱心にボールを追い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。